男性不妊と診断された男性の妊活ブログ

男性に不妊の原因がある場合は約48%。私も男性不妊でした。男性不妊の検査、男性の妊活について紹介していこうと思います。

精子

男性不妊の原因と男性の妊活で気になっていたことについて調べてみました。

image_46

男性不妊の原因で多いのはこの4つです。

乏精子症(ぼうせいししょう)
精液中の精子が少ない状態。WHO(世界保健機構)の基準値では、精子の濃度が精液1mlあたり1500万個以上が妊娠しやすいといわれています。この基準値より低い場合に診断される。

人工授精や体外受精等で妊娠は可能に

無精子症(むせいししょう)
精液中にまったく精子がない状態。精子はつくられるが、精子の通り道の精管が詰まっている「閉塞性」と、そもそも精子がつくられない「非閉塞性」があります。

精子の有無は、精液の見た目ではわからない場合がほとんどみたいです。

奇形精子症(きけいせいししょう)
精液中の精子のうち、遺伝子異常などで奇形の精子の数が多い状態。

WHOの基準は、正常形態精子が4%未満の場合は奇形精子症と診断されます。

妊娠のためには正常な精子を選び出して受精させる顕微授精の場合が多い

勃起障害(ぼっきしょうがい)&射精障害(しゃせいしょうがい)
セックスするための体の機能になんらかの障害がなくても、勃起障害・射精障害などの心因性性機能障害に悩む男性が増えているそうです。

病気や性癖によるものなど原因はさまざま。バイアグラやカウンセリングによって改善できる。



image_17


男性の妊活で気になっていたこと

2回続けての射精では精子は薄まるか?
精子は毎日つくられているが一般的には2回目の精液は精子か薄い可能性が高いそうです。しかし新鮮なほうが精子は元気なので、定期的に射精して新たな精子をつくったほうがいいんだそう。禁欲しすぎはむしろNG。

ペニスの先から出る無色透明の「ガマン汁」?精液との違いは?
「ガマン汁」の正式名称は「カウパー腺液」。女性の腟内の酸性環境を中和して、酸性に弱い精子が死なないよう守る働きをします。本来カウパー腺液には精子は含まれませんが、前回のセックスやオナニーで残った精子が混じっている可能性はあるそうです。

精子は薄いような気がする。さらさらしていて、量が少ない。
精液は5分くらい置いておくと.さらさらになるそうです。また、精子はストレスの影響を受けやすいので、その日によって状態は変化。気になるなら病院で検査をしてみてください。むせいししょうなどは見た目でわからないのがほとんだだそう。

精子を元気に保つために。男性の妊活で気をつけること
血流か悪くなるため、自転車はNG、PCのひざ置きも、熱さに弱い男性器には避ける。太りすぎ、やせすぎも要注意ごく普通のことですが、正しい食生活と睡眠、禁煙と適度な運動を心がける。

male3

男性の妊活を妨げる障害

1.夫婦の45%がセックスレス
セックスレスはいまや夫婦の半数が抱えているそうです。日本の社会問題、セックスをしなくてもお互いがハッピーなら間題なし。でも子どもを望むなら解消が必要です。

2.勃起障害&射精障害
勃起障害はバイアグラに代表される薬で冶療も可能ですが、射精障害は、心因性、病気、性器によるものなど原因が複雑で、冶療法も多岐にわたります。まずは専門家に相談を

3.変なオナニー
射精障害の原因の一つが、思春期から知らずに続けている変なオナニー。とくに床に性器をこすり付けるオナニーに慣れている人は、刺激が強すぎるため、女性の膣内では射精ができなくなるそうです。

4.妻だけED・排卵日ED
妻にだけ、排卵日だけに勃たなない症状

5.NGワード
「セックスか下手」「早<イキすぎ!」など、プライドを傷つける言葉はNG。そこからセックスレスや勃起障害になることも。



精子に良い環境とは、精子にいい話

image_14

精子にとっては何がいいのか。健康な精子のための「環境」を考えてたいと思います。

まず最初に言われているのが「温度」です。そもそも、男性の性器が外側に露出しているのは精子が熱に弱いからです。

人間の体温はだいたい36~37てですが、陰嚢は体温より2~3℃で低く保たれています。精巣が精子を作る際に、最も適した温度が33~35℃で前後だからです。

 陰嚢内の温度が上がってしまう病気もあります。これは「精索静脈瘤(せいじょうみゃくりゅう)」というもので、陰嚢の周りに血管の瑰ができる病気です。この塊によって静脈がうっ血し、温度調節がうまくできなくなります。

 陰嚢内の温度が上がり、精巣内の酸化物も増えていきます。精子を作りづらくなり、不妊症となってしまうのです。タマタマはあまり温めないほうが精子にとって快適な環境となりますね。

サウナや長湯が好きな男性にとってはちょっとつらい話ではありますが、タマタマは温めすぎないことが大切です。

その昔、「金冷法」という健康法を聞いたことがありますが陰嚢を冷やすというものですが、精子のことを考えれば、悪くなさそうです。

金冷法について

金冷法とは、古代ローマ、日本では戦国時代から、行われていた睾丸を冷やすことで男性機能を回復させる方法です。

睾丸は男性の体の中でも特にデリケートな部分なので、冷やすとき、温める時は細心の注意を払うようにしましょう。

1.睾丸を冷やす
まず、睾丸に冷たい水をかけ、適温の状態に戻します。
睾丸の適温は体温より4~5℃低い状態なので、およそ31~32℃くらいになるまでしっかり冷やします。
具体的には、陰のうが引き締まり、しっかり収縮するくらいが目安です。

冷やすときは洗面器に水を張って、そこに睾丸を浸してもいいですし、温度を調節したシャワーをかけてもOK。どちらの場合も1分間続け、十分に睾丸を冷やします。

ただ、あまり冷たすぎる水をかけると睾丸に負担をかけてしまうので、1分間続けてもストレスを感じない程度の冷たさに調整することが大切です。

2.睾丸を温める
睾丸を冷やし、陰のうがしっかり縮んだら、今度は温かいお湯を1分間あてます。すると収縮していた睾丸が弛緩し、ゆるんだ状態になります。入浴中にやる方は、シャワーや洗面器を使わず、そのまま湯船に浸かる方が手っ取り早くて簡単です。

3.再び睾丸を冷やす
睾丸が温まって緩んだところで、再び冷水をかけて引き締めます。冷やす→温める→冷やす、と交互に続けることで、睾丸まわりの血行がよくなり、男性機能も効率よくアップすることができます。

通常は1回のサイクルで十分ですが、時間のある方は何度か繰り返すと、さらに高い精力増強効果が期待できます。

 sperm

精子によくないのはノートパソコンひざ置き

また精子によくないのはノートパソコンひざ置きです。
ノートパソコンをひざの上に置いて作業に没頭しているのですが、実はこれが精子を弱らせてしまう可能性があるのです。

 ノートパソコンは使用していると、裏や側面がかなり熱くなります。これがタマ付近に置かれるわけすから、その影響は推して知るべし、ですよね。
ノートパソコンは机の上で使うようにした方がよさそうです。

 もうひとつ、身近なもので精子に悪影響を及ぼすと言われているのが、電磁波です。
携帯電話やパソコンから発する電磁波がよくないという論文を発表した人もいました。

携帯電話を腰ポケットなどに入れておくと、長時間、生殖器付近にさらすことになります。ノートパソコンひざ置きも同様です。IT機器は下半身から遠ざけておくほうが精子のため、と言えると思います。

 自分の精子は自分で守る。こうした自衛策も積極的にしていこうと思います。 

image_15

精子の老化の原因は酸化ストレス

精子の老化とは、運動率や受精率が低くなり、全体的に機能が低下することをいいます。

この原因は「酸化ストレス」です。体内に発生した活性酸素やフリーラジカルによって、細胞が傷つくという現象です。

精子は酸化ストレスによって精子に入っているDNAが傷ついて、ダメージを受けて受精しにくくなってしまうのです。

男性不妊症患者の男性の精液中には、こうした酸化ストレスを受けた精子が多いというデータもありますし、体外受精の結果も酸化ストレスと相関しているというデータもあります。

酸化ストレスが高い精子ほど、受精率が低くなるのです。

精子の老化対策には抗酸化

精子老化を防ぐためには、何か効果的なのか。ひとつは「抗酸化」です。「抗酸化」とは活性酸素などの酸化ストレスの害を減らす働きのあるものです。

具体的な成分をあげるならば、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類やカロテン類、コエンザイムQ10などの抗酸化物質です。

これらの成分が入った食品を積極的にとったり、サプリメントで補給することが精子老化の防止につながると考えてもいいように思えます。

実際に、コエンザイムQ10を服用することで、精子の運動率が上昇したというデータもたくさんあります。

少なくとも精子老化防止に効果があるということは言えると思います。
もともと男性不妊患者は普通の男性よりも体の抗酸化機能が低下している傾向があり、精漿(前立腺と精嚢からの分泌液)中の活性酸素が高いことがわかっています。

抗酸化対策を行うことで、酸化ストレスの影響を軽減できることは確かです。
もうひとつは、カロリーリストリクション、つまりカロリーをとりすぎない、ということです。

脂質代謝異常や肥満、生活習慣病にメタボリックシンドローム、現代病のすべてがカロリーのとりすぎに起因しています。

ただし、元をたどれば、これらの病気も酸化ストレスが原因でもあります。心臓や脳の血管にダメージを与えるのも酸化ストレスです。

 抗酸化とカロリーリストリクションを徹底することが精子老化の予防につながるということになります。

 またタバコの活性酸素は精子そのものを減らしたり、DNAに損傷を与えるなど、酸化ストレスの悪影響を総取りになってしまいます。

運よく受精して妊娠しても、うまく育たずに流産する可能性も高くなりますし、血流を悪くするため勃起障害(ED)の原因にもなります。タバコはいいことがひとつもありませんので、妊活には禁煙が必要です。

精子の老化対策は「栄養バランスのいい食事を」「しっかり睡眠を」「規則正しい生活を」「禁煙」といった、どんな病気にでも共通することです。




プロフィール

styleaboutp

男性不妊でした。今は一児の父親になることができました。このブログでは男性不妊だったときの経験を紹介していこうと思います。

ギャラリー
  • 男性不妊の経験談、不妊の原因は私の精子に元気が足りないことでした
  • 漢方薬局で教えて頂いた男性不妊の対策
  • 男性不妊の原因と男性の妊活で気になっていたことについて調べてみました。
  • 男性不妊の原因と男性の妊活で気になっていたことについて調べてみました。
  • 男性不妊の原因と男性の妊活で気になっていたことについて調べてみました。
  • 男性不妊の特徴となりやすい人をチェック
  • 私の精液検査の結果と精液検査の方法
  • 私の精液検査の結果と精液検査の方法
  • 私の精液検査の結果と精液検査の方法
最新コメント