image_12

精液検査を受けてきました。精液検査の受けるメリットや精液検査の結果について紹介したいと思います。

1年以上避妊なしで性交し妊娠しない場合”不妊”とされます。

「不妊治療」というとまだまだ女性が対象というイメージが拭えませんが、WHO(世界保健機関)の調査によると不妊の原因は

女性のみ:41%
男性のみ:24%
男女双方:24%
不明:11%

となり男性に原因がある可能性も48%になります。

どこで、どうやって精液検査は受けられる?

「精液検査」でググって調べたところ、都内は保険対象外でだいたい約1万円で検査をしてくれるクリニックが多い印象です。私が選んだのは、

はらメディカルクリニック
http://www.haramedical.or.jp/

・事前に自分で採取して、クリニックに持ち込む
・病院に行って、その場で採取する


の2つから精液検査方法が選べて、事前に自分で採取して、クリニックに持ち込む方法を選択しました。

 知り合いが不妊治療で精子検査をしたとき、病院内で精液を採取する方法を選択したのですがプレッシャーからうまくできなかったという話を聞いていたので...

はらメディカルクリニックのWebから検査を申し込むとしばらくして、専用の採取ケースが郵送されてきます。

気になる精液採取のポイントは

禁欲期間は2日〜6日以内が適切
提出予約時間から3時間以内に精子を採取
精液の採取はマスターベーション。性交を途中で中断する方法やコンドームに採取した後に容器へ移すこと、ゼリーの使用、口淫は望ましくありません。
お持ちいただく際、冷やしたり、温めたりする必要はにない
ご予約時間を過ぎた場合は実施できませんのでご注意ください

提出しに行く時間を予約してクリニックに行くと、精子提出用のパスボックスがあり、そこにいれてくるだけです。

提出から約1週間後、検査結果が到着。検査結果は下記のとおりです。

精液検査の結果の見方

精液検査の結果の見方①
seishikensa



 精液検査の結果の見方②

seishikensa3

 
精液検査結果①

seishikensa4

精液検査結果②

seishikensa2


WHOを基準では正常形態の精子はたった4%以上あれば正常値なんだそうです。私の場合ぎりぎり4%でした。

 また下記の内容の精液検査初回診断レポートがはいっており自分が該当する箇所にチェックが入っています。

精液検査初回診断レポート

 【精液所見から見た妊娠の可能性】

□妊娠成立に特に影響する5項目(精液量、精子濃度、精子運動率、高速運動率、正常形態率)に関しまして、その全てが健康一般男性検査値(12ヶ月以内にパートナーが妊娠に至った男性の数値)内でした。自然妊娠が可能な精液所見です。

□妊娠成立に特に影響する5項目(精液量、精子濃度、精子運動率、高速運動率、正常形態率)に関しまして、一部の項目が健康一般男性検査値以下でしたが、総合的に判断して自然妊娠が可能な精液所見です。

当院の精液所見の基準値は、精液量:2.0ml、精子濃度:2000万/ml、精子運動率:50%、正常形態率:4%です。必要な精子数を計算すると、2.0mlx2000万/mlx50%×4%=80万です。

 □精液所見が健康一般男性検査値以下でした。自然妊娠する可能性は低い傾向にあります。再検査または泌尿器科外来の受診をお勧めします。

*米国での精子検査ガイドラインでは、3回の結果の平均値で診断を行うことを推奨しています。

□正常範囲内:治療の必要はありません
□乏精液症(射精精液量が1.0ml以下)
□乏精子症
[□軽症(20~10百万/ml)□中等度(10~5百万/ml)□重症(5百万/ml以下)]
□精子無力症(高速運動率が15%以下)
□死滅精子症(射精精液中に運動精子が5%以下)
□血精子症(射精精液中に赤血球が含まれる)
□農精子症(射精精液中に基準以上の白血球が含まれる)
□奇形精子症(正常形態率が4%未満)

□精子なし
 □無精液症
 □無精子症(射精精液中に精子なし)
 □不定形型無精子症(射精精液中に精子を認めないが、遠心分離により確認)

私の精液検査結果は精子が少ない軽度の乏精子症でした....下記にチェックが入っていました。

□妊娠成立に特に影響する5項目(精液量、精子濃度、精子運動率、高速運動率、正常形態率)に関しまして、一部の項目が健康一般男性検査値以下でしたが、総合的に判断して自然妊娠が可能な精液所見です。

□乏精子症 軽症(20~10百万/ml)

残念な結果でしたが軽度なのでこれから生活習慣やサプリや漢方をとって頑張ろうと思っています。

精子をいい状態にするために心がけたいこと

精液検査結果とともに送られてくる情報誌には、原利夫医院長監修したが精子を良い状態にするための心掛けリストがついていましたので以下に紹介します。

1.朝食は必ずとる
2.適正体重、ダイエット
3.銀杏葉エキスをとる        
4.ビタミンCをとる
5.ビタミンEをとる
6.亜鉛をとる
7.豆腐、納豆、味噌などの大豆食品をとる
8.アルコールを減らす(ビールなら一日1杯)
9.下着をフカフカのトランクスに替える
10.きついジーンズや、パンツをやめる
11.サウナ、長湯を控える
12.寝るときは下着をつけない
13.コーヒーをやめる
14.マスターベーション、あるいはSEXを週2回以上(射精)する
15.起床時、寝る前、睾丸を3分間手で軽くもむマッサージする(他人の手でも可)
16.禁煙
17.パソコン作業を一日2時間以内にする
18.精神安定剤等の薬の服用を避ける

 心掛ける理由は次の通り。1~2は健康維持、3~5は細胞分裂の活性化6は精子の原料、7は大豆製品には女性ホルモンに似た働きがあるのでそれにより男性ホルモンを活性化させる、8はホルモン産生を遅らせない、9~12は体温調整、13は細胞分裂の阻害防止、14~15は刺激を与え活性化、16は血液の流れをよくする、17~18は性欲減退防止のため